不安と安心

やることなすこと間違っているような、そんな不安に襲われながら過ごした先週。頭が働かないから心配なのか、不安だから頭が働かないのか分からない。


気持ちも明るく、少し安心して過ごす今週。不安が高まったから、色んなことと距離を置いて落ち着いているのか、落ち着いてきたから少しの冷静さを保てるのか。


不安にまみれていた先週の理由も、少し安心した(安心しようと踏ん張り続けていられる、の方がしっくりくるような不安定なものだけど)今週の理由も、考えられることはたくさんあって、でも理由が全く思い当たらない気もする。特に先週のことは。


いつも理由をつけようと、理由を見つけて納得しようと必死だった。きっとその理由はいつも本当のところは分からない。必死になったからなんとかやってこれた気も、そんなことに必死になってたから、なんとかしかやってこれなかった気もする。


分からないけど、頑張ること、頑張ったことでやってこれたものがあったことを受け入れながら、怖れから必死にしがみついていることは離せたらいいのになぁと、離す気にはなってなさそうな頭で考える。


なんとなく、日常-あまり意味を持たせず淡々と送る時間というのは、自分が思っている以上に大切なことなんだろうな、と思う。なんとなく、そう思いたい日々。

とうもろこしとコロナと八百屋

久しぶりにとうもろこしを食べた。八百屋で安くなっていたから。鍋に少し水を入れて塩を入れて、その塩水をとうもろこしにからめて、蓋をして少し蒸す。適当だけど、すぐに食べれて美味しい。

とうもろこしを食べると、幼い頃に幼稚園のみんなで行った近くのとうもろこし畑を思い出す。そこでどれくらい滞在したのかな?そんなに長い時間じゃなかったのかもと思う。でも、あの時畑で見たとうもろこしが嬉しくて、その時に私の中でとうもろこしがどういう風に育っているのかが強く残ったから、それからとうもろこしを食べる時、あの風景が、お天気の日にとうもろこしが揺れてる姿と、子どもたちに見せてくれた育ててる方が、子どもの頃の私と一緒にいた。あまり思い出さない時もあったと思う。でもここ何年かはいつも思い出す。とうもろこしを食べるのが少なくなったのか、うまく食べれるかどうかとか食べるときの必死さが減ったからか、それともただあまり残っていない子ども時代のかけらを集めたいのか。今の子どもたちも、普段はとうもろこしや他のお野菜を見に畑にいって、喜んで笑うのかな。あの時は分からなかったけど、たくさんの子どもたちが笑っているのは想像するだけで可愛いな。大人の私が一緒に行ったら、とうもろこしより子どもたちの方が印象に残ってしまいそう。大人の目線で見たら、同級生だった子たちも可愛い。

八百屋に行ったのは、用事からの通り道だったからだった。2月までは気軽に行っていた。今はまとめて買っている。用事からの帰り道にいつも通っている道は、誘惑の多い道だった。2月までは知り合いと偶然会ったり、お店の人たちやお客さんの賑わいが好きだった。時々無性に食べたくなる季節外れのムーチー(月桃の葉に包まれて蒸されたおもち)を、気軽に買える店はいくつかあって、今日はどこのにしようかと迷ったりしてたけど、今はもうシャッターが下りていたり、ムーチーは扱っていなかったり。

お菓子の賞味期限があるからまだうちは閉めれないよ、と話すお店の人がいって、私は安くなったお菓子を買う。たくさん買いたい気持ちはあるけど、ほとんど家から出なくなった。人とはほとんど会わなくなったから、消費できる量に限りがあって、雀の涙程度(雀、全然見なくなっちゃったな。子どもの頃はあんなにたくさんいたのに)。

八百屋の周辺は減ったとはいえ、変わりながらも、見慣れた人たちの顔を見る。少しだけ「いつも」を思い出す。
八百屋で、野菜をたくさん買う。少し果物も付け加える。ご飯を食べよう、と友達が言ってから、抜くことばかり考えていた私の頭は、遅くなっても食べようと考えることが増えた(昨日は抜いてしまったけど)。料理は上手くないけど、レトルトが苦手なので、ご飯を食べようと思うと自ずと野菜が増える。体も野菜から元気を得るだろう。気持ちは街の人から少し元気をもらった。

久しぶりに外を歩く。少しの距離でも木を見たりできて、気持ちよかった。マスクをして、気をつけて歩く。帰ったら、すぐにシャワーを浴びる。荷物を拭き取る。髪をちゃんと乾かさなかったからか、夜冷えてくる。友だちが温かくするのは大事だとアドバイスをくれる。

就寝して2時間後に目が覚める。いつまで経っても眠れない。明るくなる頃諦める。肩がすごく寒いのに気づく。体調も良くない。よく考えたら寝れなかったからだと分かるけど、後から心配になる。

今、大好きだったお店もたくさん閉じている。開けているお店も頑張っている。自分の気持ちのためにも、野菜だけは八百屋で買いたいと思う。でも、その時もし私が感染してたら?と不安になる。どちらがいいのか分からない。先のことは分からないというより怖い。今は、感染してるかもと周囲に感染させないようにマスクや消毒、手洗いをして、自分も予防して、体の状態を少しでも良くして、発症した時の用意を見直して、そして気持ちはゆったりすることも意識して過ごしていこうと思う。友だちと話して、動揺を落ち着けたり、日常を取り戻す。大きいところが、しっかり私と私の大好きな場所と人を守ることをハッキリと確信できないことが胸をしめつけるから、しっかり見つめながら。


緊急ステイ先を増やすColabo

Colaboが新型コロナの影響が深刻化、長期化したことを受けて、緊急ステイ先を増やすそう。


一緒にいたくない人と自宅待機になる怖さ。自分の子どもの頃を思い出して、今選べない子どもたちを思うと苦しい。不安なことが多くても、今1人でもいられる安心とは違う。


Colaboが取り上げられている記事

https://www.businessinsider.jp/post-210144


Colaboを支援するには

https://colabo-official.net/support/


沖縄や他の地域でも活動しているところがあれば、ぜひ教えてほしいです🙏