どうしてTwitterが楽しくなったのか、私の場合(書き直し)

みなさん、Twitterって使っていますか?


たくさんの情報に簡単にアクセスできるTwitter。しかも自分の興味のある分野を選んで!けれど、私は今までなんだか不完全燃焼な気持ちになって、あまり使っていませんでした。今思えば、私の性格だったらそりゃあ楽しくないよな〜って使い方だったのですがw

 

同じように、Twitterでプチ・ストレスを感じる人に、一つの情報として、Twitterが楽しくなった手法を、楽しくなかったを理由を含めて、まとめてみました。人によっては、当たり前すぎてびっくりすると思います(笑)そして、使いこなしている人には、全く違う方法がとれるんだろうなぁ、と思います。

 

 Twitterが楽しくなかった3つの理由

 1.情報が多すぎて、不安になる

 2.(「見て楽しい」より、)「見た方がいい」情報に埋もれてしまう

 3.そんな膨大の情報なのに、見てもあんまり面白くない

Twitterを楽しむためにやったこと

 1.楽しむもの、と決めてみる

 2.フォローする人を、その時々で気楽に選ぶ

 3.有名かどうかより、投稿を頻繁に見ていたい人を選んでフォローする

 

Twitterが楽しくなかった3つの理由

1.情報が多すぎて、不安になる

私は、見えないモノ(=フォローできてない情報)が大きくなると、落ち着かなくなります。見てない間にすごい情報とかあったかもしれない、なんて感じていました。

Twitterは1人の人からの投稿回数が、他のSNSと比較しても多くなるので、フォローしきれていない情報量が、小さなストレスになっていました。

 

2.(「見て楽しい」より、)「見た方がいい」情報に埋もれてしまう

Twitterは、本当に色々な情報が得られます。気楽につぶやけることで、前述した投稿回数も多くなるし、ブログなどと比べて、不特定多数の人に情報を発信している人も多くなります。そんなTwitterを利用していると、有益な情報、普段なかなか得られない分野の情報も得られるあまり、フォローして情報を得ようと思う人が多くいました。どこか学ばなきゃと思うような情報が、ホーム画面を埋め尽くし、なんだか追わないといけないのに間に合わなくて、苦しくなっていました。

 

3.そんな膨大の情報なのに、見てもあんまり面白くないw

Twitterは本当にいろんな人がやっています。好きな著名人もたくさんいるし、好きな団体アカウントもあります。それゆえ、多くの人をフォローするけど、意外と好きな人がその時の自分にとって、面白い投稿、興味のある投稿とは異なったりします。本当、あたり前なんですが(笑)

 

好きな人=興味がある投稿をする人ではないことに気づいてから、なんだかラクになりました。また、興味のある投稿も、その時の自分の関心によって変わっていくものだし、フォローしている人の投稿内容も、どんどん変わっていくものだと思います。

 

私の、Twitterが楽しむためにやったこと

1.楽しむもの、と決めてみる

楽しむためなら、フォローする人もその時々の自分の関心によって変えていけばいいし、「勉強したいけど、今はみたいと思わないな」というまとまった情報などは、見たいと思う時にそのアカウントに直接、もしくはホームページなどでゆっくり見ればいいかなと決めてみました。

 

ということで、

2.フォローする人を、その時々で気楽に選ぶ

楽しむため、と決めたことで、日常のつぶやきを見たい人だけ、投稿のほとんどがすぐに見たい情報の人だけをフォローするようになりました。ミュート機能は私にはめんどくさくて、フォローを外したり、増やしたりする方が整理しやすいのと、リスト昨日は、Twitterを見る時間は変わらない以上、使ってもやはり情報に埋もれてしまうので、個人で、ただただ娯楽として使っている私にとっては、必要ありませんでした。発信する情報を選ぶという意味では、アカウントを増やしてもいいのかもしれませんが、私は基本、追うことメインで使っています。

 

3.有名かどうかより、投稿を頻繁に見ていたい人を選んでフォローする

Twitterをやっててよかったと思ったのは、女性の権利を、研究者としてでもアクティビストとしてでもなく、日常の生活者として発信している人たちの存在を感じられたことでした。

これは本当に、幸せなことでした!!#コンビニはエロ本を売らずにおむつを売れ、から始まり、女性蔑視的なCMや不平等な習慣、そしてそれに物申す女性の貶められ方・・・日常の「なんかおかしい」って思うけど、主要メディアでは伝えられないことに、「それおかしいことだから!!」と言い、変えていっている個人の意見や投稿を見れるのは、力にすらなりました。著名人からは得られない情報を、個人が持っている。よりそれを感じられるところが、Twitterの面白さだと感じています。だから、有益そうだとか、有名だとか、好きな著名人だとを全部のけてしまって、その人の投稿を、本当に私は見たいのか??を基準に選ぶことで、Twitterならではの楽しみ方を見つけた気がしました。

 

Twitterというより、Twitterで権利について発信してくれている、たくさんの人たちの存在、に依るところが大きいですね^^

 

 

「接する情報を選ぶ」ということは、「使いたいものを選ぶ」ことと似ているなぁと思いました。