Twitterが面白くなった理由

今までは、あまりTwitterを使っていませんでした。ある時から、Twitterって面白い!!って気付き始めて、今では時折「Twitterってなんでこんなに面白いんだろう‥(ため息)」と思うほどです。

 

それは、私の性質によるところも大きかったのですが、楽しくなった理由を書いてみようと思います。

 

1. その時、つぶやきが面白いと思った人のみフォローする。

当たり前だよ‥って感じですが、今では「面白いであろう人」や「好きな人」も、フォローしていました。だけど、本当にTwitterのつぶやき(RT含む)が面白い人と、その人が面白い、もしくは他の媒体で面白いかは別の話だなぁ、ということに、今さらながら気づきました。好きな人でも、Twitterのつぶやきに興味が持てない人(アカウント)もあるし、また、自分の興味や関心は、当たり前だけど、その時々で移り変わります。そしてTwitterは情報発信の回数が多くて、全てを見ることはできず、フォローする人が多くなればなるほど、強く関心があるトピックの情報が見づらくなります。Twitterでしか得難い情報があり、できるだけ多くを求めて、逆に「なんだかTwitterってつまんないなぁ」という気持ちになっていました。思い切って、その時々でフォローする人をぐっと減らすことで、その時触れたい情報ばかりを見ることができ、Twitterでしか得られなかったであろう情報に触れることができました。

「好きな人」のつぶやきでも、その時の関心と違うことはあります。同時に、全く知らない人、他の媒体では関心をもってなかった人でも、その時の私にとって、とても重要な言葉が流れてくることがあります。

 

Twitterは、フォローしたり、フォローをやめたり、またフォローしたり。直接アカウントから個別のつぶやきだけを見たり、人から流れてくるつぶやきだけみたり。自由に使えるものを、もっと楽しみたいな、と思っています。だから、できるだけ、その時の自分の関心に合わせてフォローする人を選んだり、使い分けたりしています。使い出したばかりなので、きっとこれから、また違う使い道と出会うと思います。Twitterに限らず、使いこなしていきたいなぁ。

 

ちなみに私は、他のこと、例えば図書館の本なども、同じことをやっていた気がします。その時何が読みたいのかがはっきりしなくて、手当たり次第、借りれるだけ借りたり。ちょっとずつ、その辺も見直していきたいなぁ。

 

長くなったので、次に続きます。