読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sketch

ーもしも愛がすばらしいなら

彼女といられると嬉しいこと

彼女(一般的な恋人ではなくて、私がお付き合いをしているその人)と一緒にいると、嬉しいことがある。そしてとても幸せなことだ。

 

もちろん、彼女といられて嬉しいことは数え切れないほどあるし、それゆえ彼女と一緒にいるわけでもない。けれど、自分は幸福だと、ふと、思う時がある。

 

その1つがは、安心することだ。もちろん、一緒にいるだけでも、とても安心できる^_^

けれど、いないときでも、とっても安心できるのだ。

 

例えば、何もしていない日。彼女は仕事だったりする。一緒にいない時も、彼女が私がただ、リラックスしたり、幸せでいることを願っていると、なぜだかそう感じる。そんなとき、私は安心して、自分なのしたいことができる。

 

本当は、彼女がどう思おうと、私はそうできるのだけれど。今まで生きていた中で、「こうしなきゃいけないのでは」「こうすべき/しないべき」がたくさん積み重なって、日々の自分の活動に影響を与えている。

 

そんな時、ふと思い出すのだ。自分の幸せを願ってくれている人の存在を、その言葉を。

 

そうして、少し、リラックスできたり、自分のしたいことを、いつもより選択できるようになる。

 

昔聞いた、親と良好な関係にな買った私には縁がないものだと、ただの知識としてうっすらと頭に残っていただけの心理学のある概念を、大人になって、ぼんやり思い出す。