Sketch

ーもしも愛がすばらしいなら

宇多田ヒカルの「ともだち」

教えてもらって聞きました。

 

 

・・・(涙)

 

あ〜昔の私が聞いたら、どれだけ泣いたんだろう。彼女と一緒に聞けたことに感謝。

 

そして、それに対するコメントもいいんですよね。

 

宇多田さんが自ら「同性愛者の、同性愛者じゃない人への秘めた思いを歌」と紹介し、「ともだち」という新曲を披露しました。

(中略)

この「ともだち」について海外のファンの方がTwitterで「ゲイがストレートに恋する歌って、ちょっとステレオタイプじゃない?」とツイートしたのに対し、宇多田さんが「どうして私がストレートだって思うの?」と返していたのです。 

 ゲイのための総合情報サイト g-lad xx(グラァド) | 宇多田ヒカルさんが同性愛者のストレートへの恋心を歌った新曲「ともだち」を披露! より

 

・・・すてきすぎ!

 

でも後半の、こういうコメントが当たり前になるといいな〜と願ってやみません。

 

今日はなは女性センターで講座があるとのこと。教育現場が変われば、どんなに救われる子がたくさんいるのだろうと思う。たくさんの人が参加できますように!

 

以下、詳細も。

f:id:mmnh:20161105081613p:plain

まだ若干席に空きがございます!
教職員のためのワークショップですが、子どもにかかわる方や広く「支援職」の方もご参加いただけます。
「あっ。予約してなかった」という方も、予約なしでも当日受付ができますのでそのままお越しください。

■レインボーなは 性の多様性を尊重するまちづくり パネル展&教職員ワークショップ「子どもに伝える多様な性~ある学校現場からの報告~」
日時 2016年11月5日(土)午後1時~4時
講師 ・東京都公立小学校教諭
   ・新里健太さん(沖縄レインボープロジェクト共同代表)
場所 なは女性センター第2学習室
対象者 教職員、学習支援にかかわる方
定員 40名(事前申込み先着順)

1クラスに2~3人は、LGBTを含む性的マイノリティがいるというデータあります。しかし、ほとんどの子どもたちは、学校で「性の多様性」を学ぶ機会がありません。
このワークショップでは、実際に「性の多様性の尊重」について授業を行っている先生を東京からお招きし、実践報告をしてもらいます。また、後半は県内の当事者団体と連携し、具体的な事例について当事者と一緒に考えます。
やりたいと思っているけれど、カリキュラムや学校内のこと、正確な知識、どうすれば…と悩む先生方にお届けするワークショップ!
お知り合いに先生などいらっしゃったら、是非お知らせください。

なは女性センターでお待ちしております!
※小学校での実践報告ですが、中学校以上の先生方にも十分ヒントになると思います。どうぞお気軽にお申込みください。