うつ、からの脱却

数日間、表情が取り戻せないひどい状態になっていました。

うつのひどい(と言っても、1年前とは大きく違うけれど)が来たことに、またショック。

10ヶ月ほど前、1年とかかけて治していくことを、相談機関の人に言われて、ハテナでいっぱいになった。けれど、実際には、もう1年経とうとしている。

 

けれど、昨夜は、私が何ができるとか関係なく、「あなたがいるだけで素晴らしいんだ」と数年に一度、会う度に伝えてくれる、すてきな人が話しに付き合ってくれた。

 

この1年のこと。これからのこと。今、やること。

 

すっかり元気になって。きっと大丈夫。そう思えた夜だった。

 

うん。きっと私は大丈夫。

 

 

彼女も紹介し、帰り道にはずっと見送ってくれた大切な人の愛を感じながら、帰路についたのでした。