読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sketch

ーもしも愛がすばらしいなら

【詩】あの時気づいていたならば

小さな物語/創作

いつ書いたのか、分からないけれど、パソコンの中で発見したので。

 

ーーーー

あの時気づいていたならば。

 

あの時気づいていたならば、きっとここに住むことはなかっただろう。木枯らし吹ける、寒空の下、一人一つの布団をかけ、古龍の側に寄り添って。

 

あの時気づいていたならば、きっとここに暮らすことはなかっただろう。木枯らし吹きける空の下、一人寂しく布団を撫で、一人で古龍に入ることもなかっただろう。

 

木枯らし吹きける空の下、僕らは一人で外に出ない。僕らの居る場所は、哀しみの隣より、深い物思いに吹けるんだから。

 

あの時、気づいていなかったならば。