「彼女」と「恋人」

デスクトップの整理のために、前に書いていたものをいくつかあげます。

ーーーー

 

私は昔、ずっと「恋人」という言葉を使っていた。もしかしたら、留学していた国の言語の影響だったのかもしれない(彼女、彼氏という男女をはっきりさせる単語ではなく「恋人」に相当する単語だった)。

 

もちろん、性的マイノリティーのことを意識していたこともあった。

 

けれど、今は「同性の恋人」ができました、というのが面倒くさくて、一気にまとめて伝えるためにあえて、彼女ができました、と報告しています。

 

でもやっぱり、恋人、という単語の方が好きだなぁと思うこの頃。