詩「あいたくて」工藤直子 ーあえて、よかったな。

 あいたくて
                   工藤直子

 
         あいたくて
         だれかに あいたくて
         なにかに あいたくて
         生まれてきた──
         そんな気がするのだけれど

         それが だれなのか なになのか
         あえるのは いつなのか──
         おつかいの とちゅうで
         迷ってしまった子どもみたい
         とほうに くれている

         それでも 手のなかに
         みえないことづけを
         にぎりしめているような気がするから
         それを手わたさなくちゃ
         だから

         あいたくて

 

 すごく分かるな、この気持ち。と思いながら読みました。

 

迷子になりながらも、うっすらと分かるのは、相手が女の人だということだった。

 

あえて、よかったな。