HIV検査を受けました。

HIV検査、クラミジア、梅毒、B型肝炎の検査を受けました。

性的なことも含まれているので、きつく感じる方もいるかと思います。
読める心の準備が整った時にどうぞ。

 

検査で分かった&教えてもらったこと
1.全国どこの保健所でも(自分がそこの出身地でなくても)HIV検査を匿名・無料で受けることができる。
2.アンケートには自認する性について(女性・男性・その他)もあった。
  もちろんセックスの対象に同性が含まれるのは前提とされているから、その後の質問で、自分が同性愛者であることを明かしての質問もしやすかった。
3.検査自体は全部で1時間程度で結果が出た。プライバシーにも配慮してくれたから受けやすかった。

B型肝炎について
→どういうものかあまり分かっていなかったので、結果通知後、主にB型肝炎について教えてもらいました。
HIVよりも感染力が強い。
性感染症には珍しく、予防接種が可能である(抗体がある人もいる?)。
 けれど、自己負担になる。病院・クリニックによって金額が結構変わるので、事前にいくつか電話で連絡するといい。


より詳細なこと(何ヶ月以上あけて検査を受ける)等は、保健所のHPなどで見えます。

HIV検査・相談マップ 〜HIV・エイズ(AIDS)・性感染症の検査・相談窓口情報サイト

 


私は何年も前から、受けようと思いながら、ずっと怖くて行けずにいました。

ピンクドット沖縄で、毎年検査やHIVの情報を発信し続けてくれた那覇市保健所や各種団体に感謝です。

 

自分を大事にできていなかった時代。

 

「セーファーセックス」は大事だと知っていたはずなのに、自分を投げやるかのように過ごしていた日々が、ここ数年の不安をよんでいました。

 

セクシャリティのことも、やっぱり関係していたと、今は思います。

 

変わろうと思って、変わらなくて、そして絶対に変わらないことを、心の奥底では知っていた日々。

 

今、「レズビアンで、本当によかった」と思えることが、本当によかった。