読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sketch

ーもしも愛がすばらしいなら

ここ数年で印象に残った映画5選

映画

1.パレードへようこそ

文句なしの大ヒット映画。笑って泣いて、勇気をくれる映画です!

 

2.収容病棟

中国の精神病院での出来事が4時間、延々と流れる映画。ずっとドラマチックな訳ではもちろんない。だけど、そこには「日常」が描かれていて、グッとくる映画でした。監督の他の作品も鑑賞してみたい!!

 

3.チョコレートドーナツ

「ああ、私が伝えたかったことを伝えている」と感じた映画でした。(私にとっては)優しい映画です。

 

4.シンプル・シモン

好みが別れる映画かな?スウェーデンの、「お兄ちゃんが大好きなアスペルガー症候群」のシモンの物語。世界観や音楽が大好き。

高校生の頃に見て、大好きになった『ヘイフラワーとキルトシュー』を思い出しました。

 

5.ショート・ターム

物語の舞台は、ティーンエイジャーをケアするシェルター“ショート・ターム”。ここで働く20代のケアマネージャー、グレイス(ブリー・ラーソン)と、同僚でボーイフレンドのメイソン(ジョン・ギャラガー・Jr.)。子供が出来たことをきっかけに、二人の将来はささやかならがも幸せなものになるかと思われました。でも実は、グレイスの心には、たったひとりの信頼できる彼にも打ち明けられない、深い深い闇が横たわっていたのです。そんなグレイスの心を次第に開いてゆくのは、やはり同じように心に傷を負ったショート・タームの子供たちと、新しく入所してきた、頭が良くて優しい少女ジェイデンや、ストイックでまっすぐな少年、マーカスでした。彼らはみな、親からの虐待やネグレクト、いじめを経験し、心を閉ざしてしまったこどもたちです。 

 大好きな作品です。