Sketch

ーもしも愛がすばらしいなら

「たまに気分が落ちることもあるけど、それが僕を定義づけるものではないと心に決めたんだ」ーイアン・ソープの勇気づけてくれる言葉

気にかけてくれている(と私が思っている)皆さん、ありがとうございます。

書きたいことがたくさんあるけど、最近とても励まされた、イアン・ソープの言葉を紹介したいと思います。自分のためにも。

10代の頃からうつを抱え、クローゼットでいる辛さも知っている彼ならではの言葉は、すごく心強いものでした。

 

 ブログの中で、ソープ氏は「引きこもったり、自分の世界に閉じこもったり」したこともあったと回想すると、若年層に向けて、心の問題を理解し、それに立ち向かうよう訴えかけた。

「もしあなたが病気に負けて、これが現実だと受け入れてしまったら、うつ状態になるだけでなく、暗い考え方しかできない人間になってしまう」

 モデルのライアン・チャニング(Ryan Channing)と交際していることが報じられているソープ氏は、心の問題を受け止め、コントロールできるようになってから、「ものすごく幸せ」になったという。

「たまに気分が落ちることもあるけど、それが僕を定義づけるものではないと心に決めたんだ」

「ここにたどり着くまでかなりの時間がかかったけど、その時間が無駄にはならないことを保証する」

「世界の面白さに気づき、毎日、好奇心を持って過ごしている。永遠のように思えた時間には、感じられなかったことだ」

 

  引用元; 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160218-00000025-jij_afp-spo