読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sketch

ーもしも愛がすばらしいなら

「家族」という単語の中身は、違っていて当然である。

「僕の母は〜〜してくれた。だから君たちも、お母さんを大事にして」

なんてまとめられている記事を読むと、単純に不思議に思うのである。

夜なべをしたり、〜〜してくれた母は、「あなたの母」という個人である。「母」という役割に、そんなに大切な人を押し込めてしまっていいのか、と。

 

だから、家族論を語り、理想を説く人に、「あなたの家族は私にとっての家族と同じ意味をもたない」と(心の中で)つぶやかないといけない。

 

呟けなかった結果、潰れてしまいそうな自分がいる。