「かつて子どもだった私」へ贈りたいー【本】ふたりのママから、きみたちへ

小雪、増原裕子著『ふたりのママから、きみたちへ (よりみちパン! セ) (よりみちパン!セ)

 

今、読んでいます。

まだ途中なのですが、おふたりが迷ったり葛藤したりすることも書いてあることが、とてもすてきだな、と思いました。

 

「子どもがほしいレズビアン」として以上に、かつて「子どもだった私」に贈りたい言葉、考え方がたくさんあります。

 

読みながら、同じように葛藤しているお二人の姿に「葛藤してもいいんだ」という嬉しさやら、色んな気持ちを味わいながら、静かに感動しています。

 

続きも楽しみです。