読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sketch

ーもしも愛がすばらしいなら

一期一会 〜あなたに合った場所が必ずあるから〜

昔、フィリピンにいった。大学生のころだった。フィリピンに行く前、地元に一度戻り、高校の先生に会いに行った。

 

大学生活は、うまくいっていなかった。親しくなれない人間関係に悩んでいた。人と、壁をつくっていたから、今思えば当然だった。

恩師の一人は言った。

 

「人は環境が変われば、自分を受け入れてもらえるかも変わる。きっとあなたにあった場所がある。出かけてごらん」と。

 

その数日後、初めて行ったフィリピンの田舎町は、まるで懐かしいような場所だった。ジェンダーアイデンティティが日によって違う子がいて、当たり前に受け入れられてた。子どもたちと遊び、おばちゃん達と飲み、おじちゃん達に助けられ、若者たちとたくさん冗談を言っては笑い、その場所に「受け入れられている」としっかり感じた時だった。

 

時間はかかったけど、一緒に行ったメンバーとも仲良くなった。気の置けない友だちになった。

 

先生の言っていたことは本当のことだった。だけど、ときにはうっかり忘れてしまう。だけど、きっと誰もに、その人にあった場所があるんだろう。そして「うっかり」忘れて失望していた私だったけど、今また、受け入れてくれる場所にたどり着けたと思う。

 

あの時の旅を思い出すと、友人が紹介してくれた唄

一期一会 / 中島みゆき [公式] - YouTube