読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sketch

ーもしも愛がすばらしいなら

「優しい世界をつくりたい」と友人は言った。

人は色々あるんだと、それが当然なのだと、いまは思う。

 

ずっと安定している家庭。個人。マイノリティ性と無縁の人生。問題が起きることのない生活。

 

そんなものは全てない。

 

人によって、何が起こるか、いろいろだと思うけれど、「完全な」安定なんてない。

 

だから、誰かを羨んでも仕方ない。自分を蹴散らそうとしても、意味がない。

 

不幸が起きた時、何か大変なことが起きた時、引き受けられる社会や周囲であればそれでいい。

 

その人が笑って過ごしてもらえるように、本気で願って、仕組みをつくれる社会があれば、その人はいつか笑えると、私には信じられる。

 

「優しい世界」をつくりたい。と友だちが言った。彼女は、私の周りをまず、優しい世界にしてくれた。