Sketch

ーもしも愛がすばらしいなら

人当たりの良い人、イコール「優しい人」だと思わなくなった。

頭が良くて、人当たりの良い、コミュニケーションが上手な人。

相手の会話に合わせられる能力が高いから、話し相手には満足してもらえたり、話してる最中はなんとなく意思疎通が図れているような雰囲気になる。

 

私も、今まで、どこかそういう人になるのを目指していた気がします。憧れとかそんなものじゃなくて、常識的に。

 

だけど、相手の会話に上手く合わてるだけで、誰にとって優しいのかよく分からない。

時に悪口や偏見の言葉でも、相手に合わせていれば、それを肯定する行為になる。本人も同じ気持ちならまだしも、違うなら、悪意や偏見への確認を増やすだけじゃないかな。

 

だから、今は、そういう人に少し気をはってしまいます。気をはられることに慣れてないだろう相手にきをはることは、めちゃくちゃ愛想悪い態度にもなりうります。でも、もしその人とちゃんと関係をつくるなら、そこから始めてもいいのかな、と勝手に思います。

(いじわるとかをする訳じゃなくて、過剰な共感と仲良し感を排除するということで)

だから、常識的に生きてきた自分にも、無愛想な人に変に求めないように気をつけたいな。

 

だいたい、そんな優しさみたいなもの、本人にとって変な偽りになり得ると思う。だけど、そこはストレスを抱えるとこじゃない、きっと。多分、もっと楽な(ある意味本気で向き合わないといけない)関係性があるはずだ。