読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sketch

ーもしも愛がすばらしいなら

過ぎ去りし過去の美しい思い出の中の自分と比べなくてもいい

高校生の頃にすごく仲の良かった友人がいました。

とても魅力的で、人に愛され、面白く、尊敬してやまない人でした。

 

私にとっては彼女ほど常識を持った人はいないと思っていたけれども、周りは彼女のことを変わり者だと呼んでいました。今思うと、彼女は大切にしていることを真っ直ぐに大切にする人だったから、近くにいればいるほどブレがない人に見えて、周りの「常識」とは違うこともあったのでしょう。

 

彼女と過ごした日々はとても楽しくて、嫌々通っていた高校のはずが、一時は平日が楽しみなっていました。だけど、諸事情あり、彼女と同じクラスになったのはほんの数ヶ月となりました。

 

まとまりそうにないので、一旦ここで終わり。