読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sketch

ーもしも愛がすばらしいなら

もしもあの時、私が消えていたらー映画『明日、君がいない』のおかげで救われたこと

ひょっとしたら、もう書いたこともしれないけれど。改めて。 大学生の時、いつも苦しかった。今思うと、当時の環境も影響していたけど、安心できる状態になって、それまでの苦しみが降りかかってきたんだと思う。 それでも、心許せる人とのたくさんの出会い…

『すみませんけど、生きていてくれませんか』ー鴻上尚史さんと奥田愛基さん対談

NHKのハートで感じる英文法で好きになった鴻上尚史さん。 SEALs創設メンバーの奥田愛基さんとの対談で、やっぱりすてきな人だな、と改めて思いました。 いくつか引用 鴻上さんは2006年に朝日新聞の「いじめられている君へ」という連載企画で「あなたに、まず…

マスメディアではとりあげられないことと接する機会

ただ「文章を読むこと」が好きだから、そして時には暇だったから。そんな理由で本を読んでいた。 でも、多分、本を読むことによって、「ニッチ」に近づける機会がたくさん生まれた。 中学生の頃読んだチェルノブイリの事故の後、孫達のために育てていた作物…

生き様

「どんな(醜い)生き様だろうが、生きていこう」と思った夢を見た翌日。目が覚めた世界では、色んなどうでもいいことを気にしたりする。 学生の頃、卒業生が来て、受験のことや将来についてのアドバイスをたくさん置いていった。 今、私が伝えることがある…

最近とっても調子がよかったから。/相手を受け取る自分の器

計画を立てて、できると信じて。 けれど、今日うっかりミスをしてしまって、まだ本調子じゃないんだと気づきました。 前は些細な間違いも、大きな間違いにも、とても落ち込んでいたけれど、励まし続けてくれた(そして今もしてくれている)人たちのおかげで…

【歌】Dear Mr. President / 親愛なる大統領へーP!NK

www.youtube.com What do you feel when you see all the homeless on the street? Who do you pray for at night before you go to sleep? What do you feel when you look in the mirror? 恋人に教えてもらった曲。 「Dear Mr. President / 親愛なる大統領…

【唄】羊毛とおはな「手をつないで」

羊毛とおはな「手をつないで」 私に彼女ができたとき、友だちから教えてもらいました。 2人で見て、すてきな歌詞と歌声と動画に、とても嬉しくなりました。 何より、いつも支えてもらっている友だちの気持ちが嬉しくなりました(*^^*)

楽になった裏がわで

悲しいけれど、「レズビアンであること」をカミングアウトして、私は少し楽になった。 もちろん、「レズビアンである自分」とその過去を整理しなおして、恐れながら人に伝えるのは、苦しい過程だったし、楽になって、涙がでるほど嬉しい。 でも、楽になった…

「未決定」への不安

決まっていないことに、不安を感じてしまう。些細なことなのに。 家を出る時間。持っていくもの。目的地までのルート、etc.. こうして文章にして書いてみるとバカらしいけど、本気で不安になって、動けなくなったりもする。 文章にしてみて、よかった。

彼女に教えてもらったこと

こんな自分が人に愛されるわけないって不安になったり。 自分のいろんな感情を誤魔化したりして。 ぐるぐる回って。モヤモヤめぐって。 なんでモヤモヤしてるのかも分からずに、ただ漠然とした不安だけを抱えて。 そんな私に、「愛されて当然」って思ってて…

今日、クリニックの先生に教えてもらったこと

・自分にOKを出す。 ・自分のままでいる。

幸せになりたかった

これも途中だったけど、UPしてみます。 ーーーー 私はずっと「幸せになれない」と思っていた 私はずっと「幸せになれない」と思っていた。 子どもの頃は憧れていた。職業なんて、どうでもよかった。ただ「幸せになりたい」と願っていた。 でも、いつしか、私…

彼女ができて

ずっと前のもの。 ーーーーーーーー 彼女ができました。 すっごく奥手な私は、好きになってくれて、真摯に向きあおうとしてくれた彼女に感謝してやみません。 こんな風に。人と向きあえることにも感謝です。 そして。 報告(という名を語ったのろけ)を喜ん…

10年ごしのカミングアウト

家に素敵なお花やハーブなどをもって遊びにきれてくれた友人。 「彼女ができた」と報告したら、びっくりしながらも一緒に喜んでくれた。 そして。一生胸に秘めておくことになるのだろうと思っていた、高校時代の初恋の人のことを話すことができた。 なんだか…

彼女ができて、できるようになったこと

これも以前に書いたもの。 ーーーー 彼女ができて、できるようになったこと・ご飯が食べられるようになった(ここ2ヶ月、食欲がなくてほとんどグラノーラで済ませていた※ちなみに痩せません)・料理を少しつくれるようになった(うつになって作れなくなった…

「彼女」と「恋人」

デスクトップの整理のために、前に書いていたものをいくつかあげます。 ーーーー 私は昔、ずっと「恋人」という言葉を使っていた。もしかしたら、留学していた国の言語の影響だったのかもしれない(彼女、彼氏という男女をはっきりさせる単語ではなく「恋人…

JAL/JTAさんのうちわ

とても可愛くてすてきでした(*^^*)

図書館へのLGBT児童書の寄贈ーライフネット生命保険の取り組み

ライフネット生命保険 (LIFENET INSURANCE COMPANY) - タイムライン | Facebook 今年の五月から始めました「レインボープロジェクト」の一環で、ライフネット生命が参加させて頂いたイベントのフォトブースで写真撮影をして頂くと、1枚あたり100円をライフネ…

何か、赤いもの

ある日お茶を入れようと立ち上がった時、部屋の中に小さな赤いものがたくさん落ちていることに気がついた。よく見ると、それは液体だった。血の色に似ているような気がした。 綺麗に拭こうと思い、雑巾を手にようとした時、それは落ちないものだと気がついた…

ピンクドット沖縄2016が終わって!!

ピンクドット沖縄2016が終わりました。 涙あり、笑いあり、そして多くの人の笑顔も、緊張しながらも来てくれた勇気もみれて、とても感動した1日でした。 人も例年に比べてとても多かった!! 雨が降って、集合写真の時には人が少なくなっているけど、そ…

ピンクドット沖縄2016・プログラム

載せてみます。 2016年7月17日(日) 【プログラム】13:00◆那覇太鼓13:30◆Living together by nankr(HIV啓発プログラム)Any-See14:00◆Dugong Dugon14:30◆比屋定篤子15:00◆ゲイカップル結婚式〜那覇市「パートナーシップ制…

同性同士の結婚を描いたマンガ『とある結婚』・・・号泣しました

詩「あいたくて」工藤直子 ーあえて、よかったな。

あいたくて 工藤直子 あいたくて だれかに あいたくて なにかに あいたくて 生まれてきた── そんな気がするのだけれど それが だれなのか なになのか あえるのは いつなのか── おつかいの とちゅうで 迷ってしまった子どもみたい とほうに くれている それで…

「幸せ」は「つくれる」

幸せな時間というのは、偶然や幸運によってもたらされる、どこかでそう思っていた。 でも、積み重ねてきた時間のおかげで、共に過ごせることが幸せだと思う人たちの存在のおかげで。 幸せは、幸運によってもたらされることもあるが、「つくれる」ものでもあ…

うつだから?それとも私の考え?

頭がもうろうとしている。 うつだから、この行動をしようとしているの? →それなら、やめたほうがいい。 私の考え?(うつであっても、私の考えであることに違いはないだろうけれど) →それなら、やったほうが良い・・・ような気がする。 一つひとつの行動に…

無限ループ。鏡の中鏡

最近、「疲弊して、眠くて思うように動けない・・・」っていう夢をよくみます。 もう寝てるのに眠いって、夢のなかで寝てしまったら。また新たな夢をみれて楽になるのか。それとも、鏡の中の鏡のように、延々と続いてしまうのか。 なんてことをよく考えたり…

占い師さんに教えてもらったこと。

気分が悪すぎて。ずっと休んでもなかなか良くならなかった数日前。 病院に行こうか迷いながら、道を歩いていると、 「お試し無料」と掲げた占い師さんが。 普段は気にしないけど、なんだかとっても気になって、手相を見てもらった。 一声目は「疲れてるね〜…

言語化できたときに生まれる安心感「キャシーの日々ハッテン&>どうしてゲイだってわざわざ公表するの?」&さつきぽん

大好きなキャシーさんのコラム day.122 どうしてゲイだって わざわざ公表するの? | bits LOUNGE を読んだ。

傷つける技術を使わないという覚悟。傷つける自分を受け止める優しさ。

私はたくさん傷ついてきた。 私の両親は普通の人だ。人によっては「優しい人だ」と言うだろう。 でもたくさん傷つけられてきた。 だから、私は人を傷つける方法をたくさん知っている。それを使ってしまうことが怖い。そんな自分が怖くて仕方ない。 そう、泣…

うつ。治ってたふり。

調子がよくないのに、何もしていないと不安で、何かしようとやっきになって、やりきれなくて、落ち込んだり。 うつだ、ってことをないことにしようとする、半年前と同じ自分がいた。 少しずつ。休みながら。と周囲は私以上に私を見てくれて、アドバイスして…

Facebookを辞めた行動が実らせたもの

こっちも1年前の記事から振り返り。 一昨年、大好きだったFacebookを辞めた。 1番の理由は、「小さな対話で不満をつまらせて」いたこと。 具体的に言うと、上川あやさんのお話を聞いたことがきっかけで、自分に育っていた「Facebookで少人数の友人に伝えて…

大人になったら、童話がものすごくリアルに感じる瞬間がある(再掲&振り返り)

はてなブログが1年前のブログ記事を送って来たので、振り返りながら再度掲載。 ーーーーーーーーー 子供の頃には「ありえないおとぎ話」でしかなく、共感したり、自分の身に引きつけて考えるなんてことなかった。 けれど、大人になって、そのおとぎ話の記憶…

6月23日。慰霊の日。

6月23日。沖縄、慰霊の日。 12時に黙祷をして、テレビをつけると、NHKが糸満 平和祈念公園で行っている「沖縄全戦没者追悼式」の中継をしていた。 遺族の会の代表の方が語った。全部文字起こししたいくらい、大事なことを語っていた。 「戦後」はまだ沖…

県民大会。行きたくなかったし、あってほしくなかった。

当日は強い日差しで、たくさんの人にもまれながら、肌をジリジリと焼きながら、私はそこにいた。 古謝美佐子さんの唄に、涙が止まらなくなりそうだった。 当日壇上にあがった、一人一人の声が、自分の想いと重なった。 こんなことが起こってほしくなかった。…

いつも歩かない道を20分歩いてみたら

暑さにダレているおばあさん(実のおばあさんじゃないよ)に遭遇。 →暑さや洗濯について話し。別れる時、帽子と傘を持たんとーとアドバイスを受ける。 道を聞いた人が、松潤びっくりの整った顔立ちだった。 →遠くから話しかけて、近づいてびっくり。丁寧に教…

最近なぜかヒャダインが気になる

HYADAIN Official Website なぜだ。。友人と顔が似てるのか?立ち振舞なのか??なんか気になって仕方ない。

6月18日『季刊セクシュアリティ』75号「沖縄から学ぶ─『平和と性の権利』の実践をつくる」トークセッション

ピンクドット沖縄プレイベントとして、 【『季刊セクシュアリティ』75号「沖縄から学ぶ─『平和と性の権利』の実践をつくる」トークセッション】 が開催されます。 『季刊セクシュアリティ』75号「沖縄から学ぶ─『平和と性の権利』の実践をつくる」トークセッ…

キスをした

男は言った。「怖くはないよ」と。私は答えた。「そんなの知っている」と。 私たちは、塔のてっぺんにいた。てっぺんといっても、てっぺんにほんの少しだけ届かない、そんな場所だった。けれど、風は強くて、街の景色はほとんど全て見えて、ほとんどてっぺん…

ピンクドット沖縄がREADYFORのクラウドファウンディングにチャレンジ

正直今は、とても胸が痛くて苦しいです。 だからこそ、日本で、沖縄でできることを、と思います。 恐る恐る、参加してくれた当事者の子たち。 自分の大切な家族、友人、知人、そして「共に社会に生きている」人、子どもたち、 誰もが生きやすい社会をめざし…

晴読雨読ーそして『わがままなやつら』

友人が、とある新聞の「晴読雨読」というコーナーで図書の紹介をすることになった、と言った。 私なら、人生で読んだどの本を紹介するのだろう、と考えてみた。 頭に浮かんだのは2冊。 中学時代に出会って、今でも素晴らしい本だと想っている「マリアからの…

愛しているよ

私は彼女に伝えた。愛している、と。彼女は私に答えた。私も愛しているよ、と。 けれど私は知っていた。彼女の「愛している」と私の「愛している」が異なっていることを。 だから、彼女が消えてしまったとき、私は不安にはならなかった。ただただ悲しかった…

私の「醜い親への手紙」

この1年半は、とっても大変だった。 私は幼い頃から、親とうまくいっていなかった。 だからこそ。母方の祖父母や従姉妹を大事に思っていたし、辛かった日々、どこかで心の拠り所にもしていた。 けれど、それが破綻していることに気がついた時、私自身も崩れ…

本『日本一醜い親への手紙』

この本を見つけた時、まず覚えた感情は「ワクワク」だった。 親を大切に、とか死ぬ前に親にすること、とかと並んで、こんな題名の本が存在することに。 もう謎の絶対的な価値観を押し付けられることにはうんざりしていたから。 内容に、期待はしていなかった…

【本】北原みのり『はちみつバイブレーション』

北原みのり『はちみつバイブレーション』 ゆっくりと、絡まって強固に作られた「ジェンダー」「女について」「男について」「セックスについて」みのりさんが解きほぐしてくれる!それも笑いながら!そんな本だと思いました。 みのりさんが書いているんだか…

”Chosen Family”〜Los Angeles LGBT Centerで働いている方から

5月。世界一大きいLGBTセンター、Los Angeles LGBT Centerで働いている方から、話を聞く機会に恵まれた。 一番印象に残っているのが、家族についてだ。 家族とは、2種類あるらしい。 1つは血でつながっている家族。 もう1つは「愛」で繋がっている「自分…

「その言動、人を傷つけます」と意見を伝えること。そして、Appleジャパンへのお願い

少し前に見に行ったとある団体のお笑いライブ。 とても悲しい気持ちになるネタがあり、しばらく1人で憤りを感じていました。人を、多くの人を傷つけるネタなんて、私は耐えられませんでした。(ブラックジョークは大好きだけど、そういうのでもなかったので…

HIV検査を受けました。

HIV検査、クラミジア、梅毒、B型肝炎の検査を受けました。 性的なことも含まれているので、きつく感じる方もいるかと思います。読める心の準備が整った時にどうぞ。

完璧じゃないことが、希望なのだと私は思っている。

今日はちょっと落ちたものの、最近、「そういえば昔の自分ってこうだった!」と感じることがあります。 時には、周囲にとって、テンションが高すぎて心配されますが、昔からこうだった気がします(笑) みんなで集まってはしゃげる場所で、はしゃぐ。これは…

29歳。初めての彼女ができました。

恋人ができました。 私が一番大事にしているものを、与えてくれた人でした。2人で一緒に、大切にしたいものを大切にしながら、生きていきたいと思うようになっていました。 私は今まで、次の世代ーー今を生きている子どもたちが生きやすい社会を心底願って、…

立派に見える大人にはなりたくない

間違いを指摘される人になりたい、学生のころから、ずっとそう思っていた。 立派な大人になっても、立派に見える大人にはなりたくない。 尊敬されるよりも、ミスをする、問題も抱える人間であると、自分を認識しておきたいし、周囲がそう認識してくれること…