読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sketch

ーもしも愛がすばらしいなら

どんなハリウッドスターよりも!!マイケル・ムーア!!!

現在、友人のおかげでマイケル・ムーアの作品をよく鑑賞する。 感動と笑い。時々涙。多々憤り、そして憧れ。 個人に起こる不幸が、個人の抱える問題が、社会的な側面に影響を受けていることを知る。 個人の問題は社会によって創りだされている、かな。 どん…

【映画】「赤い船のローラ」&ドイツ総領事のトークタイム

第2回こども国際映画祭 in 沖縄(KIFFO)という、子どもたちが関わっている映画祭で、ドイツ映画「赤い船のローラ」を鑑賞していきました! とても素敵な映画でした。 ところどころ、ジブリを思い出すような幻想的な映像に、鮮やかなキャラクター描写。そし…

【感想】映画「パレードへようこそ」ー差別と繋がりの中で、社会を変えていく方法

80年代イギリス、サッチャー政権下で戦う炭鉱労働者と、サポートを申し出たLGSM(炭坑夫支援レズビアン&ゲイ会)の物語 休日、友人達と待ち合わせて鑑賞。 映画館は満員で、簡易イスの設置も。 映画はとても明るく、イギリスらしいユーモアに富み、楽しい時…

自分の行きている社会を変えるために一歩踏み出す勇気はあるだろうか

自分がセクシャルマイノリティであることを公にすることに、とてつもなく長い時間を費やしたことに気づいた時に、観た記事。 「男性たちがミニスカート姿で抗議! 性的暴行に抵抗して殺された女子大生のために、彼らが訴えることとは?」 ーウートピ ”「そん…

心臓の移植手術を待つデンマークの女の子のお話 ー 児童文学『マリアからの手紙』

14歳の誕生日を控えた少女マリア。 心臓の移植手術を行わないと生きられないと告げられている。 まだ幼い、大好きな妹に向けて、自分の軌跡を記そうと手紙を描くことを決める。 デンマークの田舎で生きる少女が政治や生きる意味、愛、家族、友人、死と向き合…