介護

【本】北原みのり『はちみつバイブレーション』

北原みのり『はちみつバイブレーション』 ゆっくりと、絡まって強固に作られた「ジェンダー」「女について」「男について」「セックスについて」みのりさんが解きほぐしてくれる!それも笑いながら!そんな本だと思いました。 みのりさんが書いているんだか…

おじいちゃんのもどかしさー表現できないことは感じないこととイコールではない

昨日、急におじいちゃんが「自分なんか早く死ねばいいんだ。みんなに迷惑かけて・・・」と。 その後、今は上手く動かせない足をわずかに動かし「この足が!・・・」と悔しそうに地団駄を踏んでいました。 普段あまり動けなかったり、言葉にできなくても。他…

おじいちゃんと暮らすー「介護」とはくくりきれない生活③

まっすぐにおじいちゃんと向き合いたい。 そう思っても、なかなか難しいものがあります。 高齢の祖母を見ていると「老々介護」と言われるものが切実に感じられるし、今の状況はものすごく運がいいというか、余裕のあるラッキーな状態です。親戚に人手がかな…

おじいちゃんと暮らすー「介護」とはくくりきれない生活②

翌日、朝ごはんをほとんど食べれなかったと心配されていた。 朝のうちに私のいとこ、祖父の孫が遊びに来た。すぐにデイサービスの時間になり出かけたのだが、祖母といとこは色々話をして祖母もとてもリフレッシュできたようだった。 驚いたのは、夕方デイサ…

おじいちゃんと暮らすー「介護」とはくくりきれない生活①

認知症のため入院、とされていた祖父が退院した。 退院直後は自力で立ち上がることもなく、話をすることもなくなっていた。意識がもうろうとしているように見えることが多かった。 だけど帰宅し、少しずつ動いたり話せるようになっていった。 ある日、朝から…

介護。良くなり続けると思ってしまう。

現在、祖父母と共に暮らしています。 長らく入院していた祖父が退院し、共に暮らせるようになり、しばらく経ちました。 少しずつ良くなったり、ある日劇的に良くなったように感じたり。 どこか「このまま良くなり続けるのかもしれない」と思ってしまっていた…